遮音綿の原理

- Aug 23, 2019-

防音綿のもう1つの機能は、断熱することです。これにより、エンジンがフードの表面まで走る熱を減らすことができます。 フード断熱綿を使用した車両は、雨の日に白い霧を発生しません。 雨の日や冬は、外気温とエンジンの温度差が大きいため、雨などのボンネットの磨きと相まって、塗料表面の酸化を促進します。 断熱綿は、フードのラッカー表面をある程度保護できます。


遮音綿の原理

物体の振動が音を生成する→音波が空中を伝わる→綿はマルチファイバー構造を持っている→音波は多数の繊維を通過して反射し、互いに衝突し、衝突し、音エネルギーが変換される熱エネルギーに→音の強さが弱まります→音が消えます。

上一条:綿の吸収に関する建設資材 次条:遮音の原理